医者

圧迫骨折の予防と治療|重症化を防ぐための秘訣

前兆のサインと予防法

病棟

脳腫瘍は半年前から全長が現れるそうです。まず、早朝の頭痛が続き、さらに経過するとものをうまくつかめなかったり、落としやすくなったりします。発症の原因はまだ解明されていませんが、高脂質、高たんぱく質の食事を控えることで予防になります。

詳細へ

自律神経の病気を学ぶ

看護師

自律神経失調症は、ストレスや生活習慣、更年期障害によって発症する自律神経の疾患である。治療方法としては、ストレスについては認知行動療法が効果があると考えられる。生活習慣の改善は教育入院により理想の生活を病院で体験することが効果的である。更年期障害の治療はホルモン補充療法が良い。

詳細へ

骨粗鬆症を患う人に多い

先生

ささいな衝撃で骨が折れる

脊椎圧迫骨折とは、骨粗鬆症によって骨がもろくなった人に起こる背骨の骨折です。背骨は24個の椎体と呼ばれる臼のような形をした骨がつらなって脊椎を形作り、その中に脳から出た脊髄をおさめています。圧迫骨折は交通事故や高所からの転落など激しい衝撃が加わったときにも起きますが、骨粗鬆症でなければ通常の活動の範囲内では骨折することはありません。しかし、骨粗鬆症になって骨の密度が下がっていると、尻餅をついたり、くしゃみをしたり、不用意に重いものを持ち上げようとしたり、身体をねじろうとしたりといった些細な衝撃で骨折を起こしてしまうことがあります。圧迫骨折は骨が二つに折れるというのではなく、椎体が押しつぶされるように骨折します。

骨粗鬆症の予防と治療を

圧迫骨折が起きたとき、強い痛みがあるはずですが、痛みを感じない人も多くあります。骨粗鬆症は高齢の女性に多く、そのために年のせいだからと考えてそのままになってしまうことも珍しくありません。圧迫骨折を起こすと、起き上がろうとするときや寝返りをうとうとするなど、体幹部を使う動きをしようとするときに痛むのが特徴です。放置していると圧迫骨折をおこした椎体はそのままの形で固まり、背骨全体のバランスが崩れて他の椎体も骨折を起こしやすくなります。そうなると寝たきりにつながる危険性が大きくなります。脊椎圧迫骨折を起こさないためには骨粗鬆症にならないことが一番いいのですが、すでに骨粗鬆症になっている人は、治療を受けて骨折のリスクを減らすことが大切です。

掛かりつけの医師を持とう

女性

東京23区内での仕事に就いているのなら、居住している街の近所の内科医だけでは安区、新宿の内科医を掛かりつけの医師にしてみるといいでしょう。首都圏一帯からのアクセスが良好な新宿であれば、体調が悪化した際にすぐに診てもらいやすく、また夜間診療を行なっている病院やクリニックも探しやすくなっています。

詳細へ